東京外為:円が反落、米景気対策期待で株価反発-対ドル107円台

週末の東京外国為替市場では円が反落。サ ブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題の影響で米国が景気後退 入りするとの懸念が強まる中、朝方は前日の米国株安を嫌気して円高が進行。 しかし、米国の景気対策への期待などから日本株が上昇に転じると、円は急速 に伸び悩み、ドル・円は1ドル=107円台を回復した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。