クレセゾン社長:外資系消費者金融、買収に意欲-M&Aで収益拡大(2)

流通系カード首位のクレディセゾンの林 野宏社長は18日までにブルームバーグ・ニュースのインタビューに応じ、外 資系消費者金融の買収に意欲を示した。同社は日本航空が売却を検討している JALカード株の取得にも乗り出すなど、M&A(企業の合併・買収)を収益 拡大のための戦略の1つと位置づけている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。