米シーゲイトの10-12月期:約3倍増益-家電向け受注が増加(2)

コンピューター・ディスク駆動装置メーカー 最大手の米シーゲイト・テクノロジーが17日発表した2007年10-12月(第2 四半期)決算は、家電向け受注の増加が寄与し約3倍増益となった。ただ、売り 上げの伸び鈍化を受け、株価は下落した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。