FRB議長はゴールドマン出身?-米議員が質問で財務長官と取り違え

米議員に自分について覚えてもらうには、 名門大学として知られるアイビー・リーグでのキャリアよりもウォール街での 地位の方が役立つことが分かった。

米連邦準備制度理事会(FRB)議長に就任してからそろそろ2年になる バーナンキ議長は17日、下院予算委員会での証言で、ポールソン米財務長官と 間違われた。

マーシー・カプター下院議員(民主党、オハイオ州選出)はこの日、バー ナンキ議長に向かって「ゴールドマン・サックスの最高経営責任者(CEO) だったあなたとしては」と語りかけた。バーナンキ議長は「私を財務長官と間 違えていらっしゃるようだ」とさえぎった。ポールソン長官は、就任前はゴー ルドマンのCEOだった。

「違う会社でしたか」とカプター議員が尋ねると議長は「はい」と答え、 カプター議員は「どこの会社にいらしたのですか」と聞き返した。室内から笑 いが漏れるなかで議長は「私はプリンストン・エコノミクス・ディパートメン トのCEOでした」と答えた。議長は02年にFRB理事に就任するまで、プリ ンストン大学の経済学部長だった。

バーナンキ議長は20日のニューヨーク・タイムズ誌の表紙に登場する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE