米株のボラティリティ指数、10週間で最大の上昇-リセッション懸念で

株価の予想変動率の指標であるシカゴ・オ プション取引所(CBOE)のボラティリティ指数(VIX指数)が17日、過 去10週間で最大の上昇となった。住宅着工や製造業に関する統計が弱い内容と なり、米国がリセッション(景気後退)局面にあるとの懸念が強まっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。