米久株は続落、ロシアの経済成長でハム高騰-採算悪化し業績予想減額

静岡県地盤で総菜などを手がける米久の株 価が6営業日続落。新興国の経済成長を背景に、ハムやソーセージなどの原材料 費が高騰して採算が悪化している。同社は17日、今期(2008年2月期)の連結 営業利益予想を下方修正した。原材料価格は依然として高止まりしていることか ら、今後も採算の改善は難しいとの不安が出ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。