大田経財相:米経済の減速懸念「強まる」-株安・円高の影響注視(2

大田弘子経済財政政策担当相は18日午前 の閣議後会見で、年末から年初に公表された米国の経済指標について「いずれ も芳しくないので、減速懸念が強まっているとみている」との認識を示し、米 国のサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題に伴う金融面の混 乱が実体経済に及ぼす影響を今後も注視していく考えを示した。

米景気減速による日本への影響については、日本からの「輸出の減として 波及してくるのかどうか。アジアや新興国にどう影響を与え、日本からアジア 向け輸出に何らかの影響が出てくるかをみていきたい」と語った。

また、日本の株価下落や円高による実体経済への影響については「消費者 マインドへの影響は考えられるが、消費者以上に企業に影響を与える可能性が ある」と述べ、「特に円高の影響をよくみていきたい」と語った。同相は、内 閣府のアンケート調査で企業の為替損益分岐レートが1ドル=106円近辺であ ることを紹介し、「今、その水準にきているので、企業のマインド、収益への 影響を注意深くみながら、分析していきたい」との姿勢を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE