モルガンS:サムライ債502億円を起債-スプレッド水準など好感(4)

米大手証券会社、モルガン・スタンレー が18日、総額502億円の円建て外債(サムライ債)の発行条件を決定した。 2005年9月発行の第7回債(550億円、7年債)以来2年4カ月ぶりとなる。 サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題で大きく揺れる米国金 融機関が低金利の資金を日本市場で調達することとなった。主幹事のモルガ ン・スタンレー証券担当者が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。