諮問会議: 人口減少下で実質2%超の成長目指す-「進路と戦略」了承

政府の経済財政諮問会議(議長:福田康夫 首相)は17日夕、経済財政運営の新中期方針となる「日本経済の進路と戦略」 を了承した。消費者が成長を主導する全員参加型の「つながり力」と、日本が 国際的優位に立つ省エネ技術を使った「環境力」を通じ、人口減少下でも実質 2%以上の経済成長を目指すことを掲げている。

方針では、バブル崩壊後の長期低迷から脱却した日本が直面する課題として、 本格的な人口減少社会の到来や社会保障費の増大、地球環境問題などを挙げ、 それらが国民生活に及ぼす負の影響を「十分克服できていない」と指摘。また、 世界経済の構造変化に対し、「取り残されているのが現状」と分析している。

景気の現状については、デフレ脱却が視野に入りながらも、将来の日本経 済や生活について不透明感が漂っていることに言及し、「伸びない賃金と伸びな い消費の悪循環が生じている」との認識を示した。

新成長戦略では、①IT(情報技術)の全面活用による新規のサービス・ 雇用の拡大②企業の業種・規模を超えた連携の促進③広域経済圏を通じた都市 と地方の連携-などを挙げている。具体的な政策については、6月ごろにまと める「骨太の方針」に盛り込む。

内閣府は同日の会議に、参考資料として政府が目標として掲げている国・地 方合わせた2011年度の基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化に向 けた試算を提出した。この中で4つのシナリオを提示したが、このうち、07年 度から5年間で最大限の歳出削減14.3兆円と高めの成長を達成した場合でも、 11年度の基礎的財政収支は対GDP(国内総生産)比で0.1%の赤字(金額ベ ースは7000億円)となる、としている。1年前の試算では、0.2%(同1.4兆 円)の黒字だった。

                 (%程度)、[対GDP比、%程度]、兆円程度
【成長シナリオ・歳出削減14.3兆円】
-------------------------------------------------------------
             07年度  08年度  09年度  10年度  11年度
-------------------------------------------------------------
潜在成長率  (1.6)  (2.0)  (2.1)  (2.4)    (2.5)
実質成長率   (1.3)   (2.0)    (2.3)   (2.5)     (2.6)
名目成長率   (0.8)   (2.1)    (2.5)   (2.9)     (3.3)
名目GDP    516.0  526.9   539.8    555.5     574.0
消費者物価    (0.2)   (0.3)   (0.6)   (1.0)     (1.4)
GDP デフレータ-   (-0.5)  (0.1)   (0.2)   (0.4)     (0.7)
名目長期金利  (1.6)   (1.7)   (2.1)   (2.4)     (2.9)
基礎的財政収支[-0.7]  [-0.5] [-0.6]   [-0.4]  [‐0.1]

              (%程度)、[対GDP比、%程度]、兆円程度
【成長シナリオ・歳出削減11.4兆円】
-------------------------------------------------------------
              07年度  08年度  09年度  10年度  11年度
-------------------------------------------------------------
潜在成長率  (1.6)  (2.0)  (2.1) (2.4)    (2.5)
実質成長率    (1.3)   (2.0)    (2.5)  (2.5)     (2.6)
名目成長率    (0.8)   (2.1)    (2.7)  (3.1)     (3.5)
名目GDP    516.0   526.9   541.0   557.8    577.2
消費者物価    (0.2)   (0.3)    (0.6)   (1.1)    (1.6)
GDP デフレータ-   (-0.5)  (0.1)    (0.2)   (0.6)    (0.9)
名目長期金利  (1.6)   (1.7)    (2.1)   (2.6)    (3.1)
基礎的財政収支[-0.7]  [-0.5]  [-0.8]   [-0.7]   [-0.5]

             (%程度)、[対GDP比、%程度]、兆円程度
【リスクシナリオ・歳出削減14.3兆円】
------------------------------------------------------------
            07年度  08年度  09年度  10年度  11年度
------------------------------------------------------------
潜在成長率  (1.6) (2.0)  (1.7)  (1.5) (1.2)
実質成長率    (1.3)  (2.0)    (1.6)    (1.3)  (1.1)
名目成長率    (0.8)  (2.1)    (1.8)    (1.6)  (1.6)
名目GDP    516.0   526.9   536.2  544.9   553.5
消費者物価    (0.2)   (0.3)   (0.6)    (0.9)   (1.1)
GDP デフレータ    (-0.5)  (0.1)   (0.1)    (0.3)   (0.5)
名目長期金利  (1.6)   (1.7)   (1.9)    (2.1)   (2.3)
基礎的財政収支[-0.7]  [-0.5] [-0.7]  [-0.7]   [-0.6]

                (%程度)、[対GDP比、%程度]、兆円程度
【リスクシナリオ・歳出削減11.4兆円】
------------------------------------------------------------
             07年度  08年度  09年度  10年度   11年度
-------------------------------------------------------------
潜在成長率   (1.6)  (2.0)  (1.7)  (1.5)   (1.2)
実質成長率    (1.3)   (2.0)   (1.8)   (1.4)     (1.2)
名目成長率    (0.8)   (2.1)   (2.0)   (1.8)     (1.8)
名目GDP    516.0    526.9  537.4   547.2     557.1
消費者物価    (0.2)   (0.3)   (0.6)   (1.0)     (1.3)
GDP デフレータ-   (-0.5)  (0.1)   (0.2)   (0.4)     (0.6)
名目長期金利  (1.6)   (1.7)   (2.0)   (2.3)     (2.5)
基礎的財政収支[-0.7]  [-0.5] [-0.9]  [-0.9]     [-1.0]
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE