米ワシントンM:07年10-12月は赤字-住宅ローン部門の評価損響く

米S&L(貯蓄・貸付組合)最大手のワシ ントン・ミューチュアルが17日発表した2007年10-12月(第4四半期)決 算は、四半期ベースでは1997年以降で初の赤字となった。住宅ローン部門での 評価損16億ドル(約1700億円)や貸倒引当金15億ドルの計上が響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。