米GM、国内の年間労働コストを約50億ドル削減へ-収益改善目指す

米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(G M)は17日、向こう3年間で米国での年間労働コストを約50億ドル(約5340 億円)削減する計画を明らかにした。経費削減で収益の「大幅な改善」を目指し ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。