米バンク・オブ・ニューヨーク:10-12月は68%減益-評価損響く

金融資産のカストディ(保管)業務で世界 最大の銀行、米バンク・オブ・ニューヨーク・メロンが17日発表した2007年 10-12月(第4四半期)決算は、前年同期比68%減益だった。保有する債務担 保証券(CDO)の評価損や、コンデュイット(導管)と呼ばれる投資ファン ドの買収に伴うコストが響いた。

純利益は5億2000万ドル(1株当たり45セント)と、前年同期の16億3000 万ドル(同2.27ドル)から減少。ブルームバーグがアナリスト17人を対象に まとめた予想平均では、1株利益(昨年7月のメロン・ファイナンシャル買収 関連費用を除く)は69セントになるとみられていた。CDOとコンデュイット に関連した損失は計2億9800万ドル(同26セント)に上った。

RBCキャピタル・マーケッツのアナリスト、ジェラルド・カシディ氏は、 インタビューで「CDOを除けば予想以上の利益だったが、不幸にもこれが事 業の一部だったことから、打撃を受けた」と語った。

10-12月期には、買収したコンデュイット、スリー・リバーズ・ファンデ ィングの資産を貸借対照表に反映。サブプライム関連の損失が拡大するなか、 CDOと同じくスリー・リバーズの資産も目減りし、バンク・オブ・ニューヨ ークの利益を圧迫した。

同行の17日株価終値は、前日比32セント安の44.77ドル。過去1年間の 騰落率はプラス4.9%と、S&Pスーパーコンポジット・アセット・マネジメン ト&カストディ・バンクス指数(マイナス3.9%)を上回った。

-- Editor: Oliver Ludwig, Larry Edelman

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Christopher Condon in Boston at +1-617-210-4633 or ccondon4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Larry Edelman at +1-617-210-4621 or ledelman3@bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE