米メリル:ACAなど金融保証会社から購入の保証を償却へ-2800億円

債務担保証券(CDO)引き受けで最大 手の米メリルリンチは17日、ACAキャピタル・ホールディングスなどの金 融保証会社から購入したデフォルト(債務不履行)に備える保証の評価額26 億ドル(約2800億円)を全額償却すると発表した。保証が意味を成さず無価 値になっていると判断した。

メリルはACAの保証付き証券で19億ドルを償却する。ACAの格付け は2007年12月に12段階引き下げられ、「CCC」となっていた。メリルは その他の金融保証会社の保証6億7900万ドルも償却する。MBIAやアムバ ック・ファイナンシャル・グループなど金融保証会社は、保証事業に必要な 「AAA」の格付けを失う恐れがある。格付け会社ムーディーズ・インベスタ ーズ・サービスとスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、保証会社の 格付けを見直している。

メリルのジョン・セイン最高経営責任者(CEO)は決算発表後の電話会 議で、「ACAの保証については1ドルに対し1ドルを引き当てる。100%を 償却するということだ」と述べた。

メリルの償却は、金融保証会社の格下げの影響が金融市場全体に及ぶ可能 性を示している。保証会社が「AAA」格付けを失えば、2兆4000億ドル相 当の証券の格付けが脅かされる。

フィッチ・レーティングスの07年8月2日付のリポートによれば、金融 保証会社は同年6月末時点で米国のサブプライム(信用力の低い個人向け)住 宅ローン担保証券を含む債務担保証券(CDO)約1000億ドルを保証してい た。保証の大半はデリバティブ(金融派生商品)の形で販売されている。デリ バティブは保険契約とは異なり、バランスシート上で時価評価を求められる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE