英国債:2年債下落、利回り一時4.36%-英中銀副総裁発言に反応

英2年債相場は下落。イングランド銀行に よる早期利下げへの観測が後退したことが背景。2年債に対する10年債の上乗 せ利回りはここ3週間で最小となった。

ギーブ英中銀副総裁は17日、景気が鈍化するなか、中銀は政策金利に対す る姿勢を「さらに中立」にする可能性があると語った。これを受けて、国債相場 はさらに下落した。

アンシンジェール・ドゥ・ボーフォールの債券アナリスト、マーク・オスワ ルド氏(ロンドン在勤)は、「イングランド銀による利下げへの市場関係者の観 測は行き過ぎだった。国債相場がこの水準からさらに上昇するのは困難とみられ る」と述べた。

2年債利回りはロンドン時間午後4時23分までに、前日比3ベーシスポイ ント(bp、1bp=0.01%)上げ4.28%。一時は10bp上昇し4.36%をつけ た。同国債(2009年12月償還、表面利率5.75%)価格は0.07ポイント下げ

102.63だった。

2年債と10年債の利回り格差は1bp縮小し12bpと、先月26日以降で 最小となった。先週初めは20bpだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE