1月フィラデルフィア連銀製造業景況指数:マイナス20.9に急低下

米フィラデルフィア連銀が17日に 発表した1月の同地区の製造業景況指数はマイナス20.9と前月のマイナ ス1.6から急低下。2001年10月以来の最低に落ち込んだ。ブルームバ ーグ・ニュースが実施したエコノミスト調査の予想中央値はマイナス

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。