クリーブランド連銀総裁:米経済は低成長軌道に移行、個人消費が鈍化

米クリーブランド連銀のピアナルト 総裁は17日、住宅市場の低迷が個人消費に影響し始めており、米経済は 低成長軌道に移行したとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。