米国食料価格:07年は4.9%上昇、90年以降で最大-乳製品高騰

エネルギー価格が高騰し、穀物や家畜、乳 製品の生産が世界の需要拡大に追いつかない状況となったため、米国の2007年 の食料価格の上昇率は4.9%と、1990年以降で最大となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。