日本株(終了)輸出中心に5日ぶり反発、円高一服-政策期待も支えに

東京株式相場は5日ぶりに急反発。急激 な円高の一服や米財政政策など政策期待から、トヨタ自動車など輸出関連株や 続落期間中に下落が目立った業種を中心に幅広く見直された。三菱地所が前日 比7%高となるなど、アナリストから株価の割安感が指摘された不動産が東証 1部の業種別上昇率で首位。みずほフィナンシャルグループなど銀行株も高い。 日経平均株価の上昇率は、今年に入ってから最も大きくなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。