クリントン米上院議員:景気悪化が「不安」呼んでいる-早急な対策必要

2008年の米大統領選挙で民主党候補指名を 目指すヒラリー・クリントン上院議員(ニューヨーク州)は16日、ブルームバ ーグ・ニュースとのテレビインタビューで、イラク問題に代わって景気が米国 民の最大の懸念材料になったとの認識を示し、長期にわたるリセッション(景 気後退)を回避するため早急な対策が必要との考えを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。