日本紙Gは初の30万円割れ、葉書以外も配合率偽装-SRIで影響も

大手総合製紙メーカーである日本製紙グル ープ本社の株価が、2001年3月の上場以来で初の30万円割れ。一時は前日比1 万4000円(4.6%)安の29万3000円まで売り込まれた。国で決められた古紙パ ルプ配合率を下回っている製品が葉書以外にもあったと発表したことを受け、レ ピュテーション(評判)リスクが意識されている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。