07年ビール類出荷数量は0.3%減-アサヒが7年連続シェア首位(2)

2007年のビール系飲料(ビール、発泡酒、 第3のビール)の課税出荷数量は、06年と比べ0.3%減の4億9608万ケース (1ケースは大瓶20本換算)だった。メーカー別のシェアは、アサヒビールが

37.94%となり、7年連続で首位を死守した。2位のキリンビールは37.75%で、 その差はわずか94万5000ケースだった。

内訳は、第3のビールが同4.4%増の1億36万9000ケースと伸びたが、発 泡酒が同2.5%減の1億2166万7000ケース、ビールが同0.9%減の2億7404万 4000ケースだった。

12月実績は7%増

12月のビール系飲料の課税出荷数量は前年同月比7.0%増の5398万5000ケ ースで、2カ月ぶりにプラスとなった。内訳は、ビールが同4.1%増の3233万 3000ケース、発泡酒は同4.4%増の1178万4000ケースとなり、ビールは2カ月 ぶり、発泡酒は8カ月ぶりに前年を上回った。第3のビールは同21.7%と大き く伸び、986万8000ケースと3カ月連続でプラスとなった。

ビール酒造組合と発泡酒の税制を考える会、加盟5社(サッポロビール、ア サヒビール、キリンビール、サントリー、オリオンビール)が17日に発表した出 荷数量をまとめた。

各社の午前終値は、サッポロHが前日比1円(0.1%)高の870円、 アサヒは 同11円(0.6%)安の1752円、キリンHは同26円(1.6%) 高の1625円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE