米ハーバード大学への入学出願者数が過去最高、早期出願制度廃止で

米ハーバード大学(マサチューセッツ州 ケンブリッジ)では、来年度の入学出願者数が過去最高に達した。早期出願制 度を廃止したことで、大学側はより長い期間をかけて、幅広く学生を勧誘でき るようになった。

ハーバード大の16日の発表によると、同大への出願者数は2万7000人 と、前年同期を18%上回った。早期出願制度では、一部の高校生が通常の期 限より前に願書を提出し、入学許可を受けることが認められていた。同大は、 比較的低所得の学生の応募を妨げたくないとして、同制度を廃止した。

低所得層の応募者を増やすことを目指すハーバード大は、同様に早期出願 制度を廃止したプリンストン大学(ニュージャージー州)やバージニア大学と 組み、昨年11月に19都市を訪問した。ボストン・カレッジの元入学担当デ ィレクター、ジョン・マグワイア氏によると、学生はネット上で願書を提出す る選択肢が与えられ、複数の願書を出しやすくなっていることも、ハーバード 大にとっては追い風となった。

-- With reporting by Matthew Keenan in Boston. Editors: Jeffrey Tannenbaum, Reg Gale

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子 Yuko Yamaguchi +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Brian Kladko in Boston at +1-617-210-4614 or bkladko@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Reg Gale at +1-212-617-2563 or rgale5@bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE