アジア株:3日ぶり反発、円安と割安感で買い広がる-トヨタが高い

17日のアジア株式相場は上昇。トヨタ自 動車が上昇をけん引している。円がドルに対し下落したほか、投資家の間で割 安株を買う動きが強まった。世界的に株が売られたことにより、今年に入り時 価総額で2兆6000億ドル(約278兆円)以上が失われた。

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)を中心に銀行株が高い。JP モルガン・チェースとウェルズ・ファーゴの米銀大手2行がアナリスト予想を 上回る決算を発表したことが好感された。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時7分現在、前日比0.8% 高の146.07。日経平均株価は同1.1%高の1万3656円48銭と、2005年 10月以来の安値となった前日終値から反発している。このほかのアジア市場 でも、ニュージーランドを除いて上昇している。

-- Editor: Nicolas Johnson, Sam Waite

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Chua Kong Ho at +86-21-6104-7011 in Shanghai or kchua6@blooomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Nicolas Johnson at +81-3-3201-8343 or nicojohnson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE