東京外為:円買い戻し先行、米景気懸念でリスク回避-107円台前半

朝方の東京外国為替市場では円の買い戻し が先行している。ドル・円相場は1ドル=107円台前半と、前日のニューヨーク 時間午後5時に付けた107円64銭から円が水準を切り上げている。米連邦準備 制度理事会(FRB)の景気判断が弱気に傾くなか、先行き不透明感からリス クを避ける動きが出やすく、円キャリートレード(低金利の円で調達した資金 を高金利通貨などに投資する取引)の巻き戻しに伴う円買い圧力がくすぶって いる。

ソシエテ・ジェネラル銀行外国為替営業部の斎藤裕司部長は、これまで買 われていた原油やアジア株が売られ、安全資産に資金が向くなど、明らかにリ スク回避の構図になっていると指摘。こうした中、「積極的にドルを買ってい くところでもない」といい、引き続き米金融機関の決算や経済指標の発表を控 え、ドルの戻りは限られるとみている。

FRBの景気判断は弱気

FRBが発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)では、11月後半か ら12月にかけての「経済活動は緩やかに拡大したものの、そのペースは一段と 鈍った」とされている。また、住宅関連指標も引き続き弱含みとなった。

こうしたなか、この日はバーナンキFRB議長が下院予算委員会で経済見 通しについて議会証言をするほか、12月の住宅着工・建設許可件数が発表され る予定で、警戒感からドルに強気の姿勢は見込みにくい。

海外市場でドル買い戻し

半面、16日に米国で発表された昨年12月の鉱工業生産指数は前月比変わら ずとなり、ブルームバーグ・ニュースがまとめた市場予想の0.2%低下を上回っ た。また、12月の消費者物価指数(CPI)も前月比0.3%上昇と11月の0.8% 上昇から伸びが鈍化したものの、市場予想の0.2%上昇より強めの結果となった。

これを受けて、今月の連邦公開市場委員会(FOMC)で0.75ポイントの 大幅利下げ観測が弱まり、米債券相場は下落。外為市場では、ドルが買い戻さ れ、ロンドン時間に105円92銭(ブルームバーグ・データ参照、以下同じ)と、 2005年5月12日以来の安値を付けていたドルの対円相場は107円93銭まで値 を戻した。

ユーロ圏当局者も景気に慎重姿勢

一方で、欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバー、ルクセンブルク 中央銀行のメルシュ総裁が15日のインタビューで、「経済活動に下振れリスク があることは明らかだ」と述べるなど、ユーロ圏当局者から景気に慎重な発言 が目立っている。

ユーロ・ドル相場は前日の海外市場で一時1ユーロ=1.4594ドルと、2日 以来の水準までユーロ安・ドル高が進行。ユーロ・円相場は一時1ユーロ=156 円29銭と、昨年9月10日以来のユーロ安値を付けている。

--共同取材:小宮弘子 Editor:Tetsuzo Ushiroyama、Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 三浦和美 Kazumi Miura

+81-3-3201-8583 kmiura1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

+81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Sandy Hendry

+852-2977-6608 shendry@bloomberg.net

円に関するニュース JPY <Crncy> CN ユーロに関するニュース EUR <Crncy> CN ドルに関するニュース USD <Crncy> CN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE