東京外為:円買い戻し先行、米景気懸念でリスク回避-107円台前半

朝方の東京外国為替市場では円の買い戻し が先行している。ドル・円相場は1ドル=107円台前半と、前日のニューヨーク 時間午後5時に付けた107円64銭から円が水準を切り上げている。米連邦準備 制度理事会(FRB)の景気判断が弱気に傾くなか、先行き不透明感からリス クを避ける動きが出やすく、円キャリートレード(低金利の円で調達した資金 を高金利通貨などに投資する取引)の巻き戻しに伴う円買い圧力がくすぶって いる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。