12月オーストラリア雇用者は2万100人増-2月利上げに圧力か(2)

オーストラリア統計局が17日発表した雇 用統計によると、昨年12月の雇用者数は前月比2万100人増加した。11月は 同4万7600人増(改定)だった。1年2カ月連続の増加で、月間ベースで 1980年以来最長。労働力不足でインフレ圧力が強まり、オーストラリア準備銀 行(RBA)は2月の政策決定会合で利上げを迫られる可能性がある。

失業率は4.3%と、11月の4.5%から低下した。ブルームバーグ・ニュー スがまとめたエコノミスト25人の調査中央値では、雇用者数は前月比2万人 増が見込まれていた。

鉱業大手リオ・ティントなどの企業では熟練労働者の需要が強まっており、 賃金を押し上げる恐れがある。

JPモルガン・チェースのエコノミスト、ジャロッド・カー氏は「かなり 長期化する恐れがあるインフレ問題を解決するために、RBAの利上げが必要 なことをすべての事象が示唆している」と述べた。

外国為替市場の豪ドル相場は、シドニー時間午前11時35分(日本時間午 前9時35分)時点で1豪ドル=0.8823米ドル。雇用統計発表直前は、同

0.8817米ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE