米株投資家の楽観度:1年半で最低、サブプライム重し-11日までの週

ニュースレターの米インベスターズ・イン テリジェンスが実施した投資アドバイザー最新調査によると、米株式相場に対 する投資家の楽観度は先週、1年半で最低に落ち込んだ。米サブプライム(信 用力の低い個人向け)住宅ローン問題とリセッション(景気後退)入りへの懸 念から、年初来の相場は低迷している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。