額賀財務相:為替の急激な変動は好ましくない-しっかり見守る

額賀福志郎財務相は16日午前の閣議後会 見で、為替相場が1ドル=106円台と2005年6月以来のドル安値を付けたこと を受け、「急激な変動は好ましくない。しっかりと見守っていくことが大事だ」 との認識を示した。同省内で記者団に語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。