町村官房長官:捕鯨差し止め「受け入れられない」-豪連邦裁の判決で

町村信孝官房長官は16日午前の記者会見 で、オーストラリアの連邦裁判所が南極海などでの日本の調査捕鯨の差し止め を命じる判決を出したことについて「南極大陸はどの国も領土主権を持たない というのが国際的なコンセンサスだ。誤った前提の判決は日本のみならず、い かなる国も受け入れることはできない」と述べ、判決に従う必要はないとの立 場を示した。

また、日本の調査船が、船内に乗り込んだ環境保護団体「シー・シェパー ド」の活動家を拘束していることについて「強い臭気を発するビンを投げ込ん だり、船のプロペラにロープを絡めて止める活動に出てきたので、危険な行為 だということで、急接近して日本側の船に入ってきた2人を事務室に収容した ということだ」と説明。「外交関係に影響するとは思っていないが、こうした 行動を日本政府として強く非難する」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE