日本株は反発へ、円高一服で輸出関連に見直し買い-住宅関連も堅調に

東京株式相場は反発する見通し。外国為 替市場の円高進行が一服していることで、収益に対する過度の悲観が後退して トヨタ自動車やソニー、コマツなど輸出関連株に見直し買いが入りそう。改正 建築基準法による悪影響の底入れ期待から、建設・不動産など住宅関連株も堅 調に推移する見込み。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。