JPモルガン:時価総額で2位浮上、シティは3位後退-評価損で明暗

16日の米株式市場で米銀JPモルガン・チ ェースの株価が上昇。一方、巨額の評価損を発表したシティグループの株価は 下落し、2社の時価総額が逆転した。JPモルガンは時価総額で米銀2位に浮 上した。

JPモルガン株は16日、2.26ドル(5.8%)高の41.43ドルとなった。こ れに基づく時価総額は1395億ドル(約15兆53億円)。一方、シティは70セン ト(2.6%)安の26.24ドルとなり、時価総額は1311億ドルに減少した。米銀 の時価総額1位はバンク・オブ・アメリカ(BOA)の1717億ドル。

JPモルガンのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は16日、 米国のサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン関連で13億ドルの評 価損を公表した。評価損はアナリスト予想を下回る規模だった。一方、同氏の 古巣であるシティが15日発表した評価損は181億ドル。過去1年でJPモルガ ンの時価総額は12%減少したが、シティは52%減少した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE