米国株:続落、インテル見通し嫌気-S&P500は14カ月ぶり安値

米株式相場は続落。S&P500種株価指 数は1年2カ月ぶりの水準に下げた。インテルが15日夕に発表した1-3月 期(第1四半期)の売上高見通しがアナリスト予想に届かなかったため、ハイ テク株を中心に売りが優勢になった。原油価格の下落はエネルギー株の売りを 誘った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。