印タタ・コンサルタンシー:10-12月20%増益-ルピー高が伸び抑制

インド最大のソフトウエア輸出企業、タ タ・コンサルタンシー・サービシズが16日発表した2007年10-12月(第3四 半期)決算は前年同期比20%増益となった。ルピー高の影響で同社の最大市場 である米国からの利益が目減りしたことが響き、増益率はここ2年で最も低かっ た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。