インド株(終了):センセックス指数、3日続落-米景気後退懸念で

インド株式市場では、センセックス30種株 価指数が3日続落し、約3週間ぶりの安値を付けた。米銀最大手のシティグルー プが過去最大の赤字を出したことを受けて、米経済がリセッション(景気後退) に陥るとの懸念が強まった。リライアンス・インダストリーズが安い。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は、前日比382.98ポイント (1.9%)安の19868.11と、先月18日以降で最大の値下がり。終値としては先 月24日以来の安値となった。取引時間中には3.6%安となる場面もあった。ナ ショナル証券取引所上場の50銘柄で構成するCNXニフティー指数は前日比

138.50ポイント(2.3%)下げ5935.75。

時価総額でインド最大の企業、リライアンス・インダストリーズ(RIL IN) は63.65ルピー(2%)安の3098.35ルピー。国内2位の携帯電話サービス会社、 リライアンス・コミュニケーションズ(RCOM IN)は45.75ルピー(5.9%)安の

731.65ルピーと、ここ1年余りで最大の下落となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE