NY原油時間外:下落、一時3週間ぶり安値-米需要減速懸念高まる

ニューヨーク原油先物相場は、16日の時間 外取引で下落。一時、約3週間ぶりの安値を付けた。15日発表された昨年12月 の米小売売上高が予想外に減少したことから、米国がリセッション(景気後退) に向かっているとの懸念が高まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。