オランダのASML:07年10-12月は予想外の増益-販売価格上昇

欧州最大の半導体製造装置メーカー、オラ ンダのASMLホールディングが16日発表した2007年10-12月(第4四半期) 決算は、予想外の増益となった。販売価格上昇と税関連のプラス効果が寄与し た。

同社が電子メールで配布した資料によれば、純利益は2億600万ユーロと、 前年同期の2億550万ユーロから増加。ブルームバーグ・ニュースがアナリスト 9人を対象にまとめた調査中央値では、1億5010万ユーロと見込まれていた。 税関連の問題が解決したことで、純利益が3500万ユーロ押し上げられた。

10-12月期の製造装置受注数は54台と、前四半期の40台から増加。同社 は、米アップルの携帯デジタル音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」やフ ィンランドのノキアの携帯電話に使用される半導体の製造装置を販売している。

ASMLのエリック・モーリス最高経営責任者(CEO)は資料で、「AS MLは引き続き今年上期(1-6月)の力強い売上高確保に向けて良好な位置 にある」と述べた上で、同社は半導体メモリーメーカーの設備投資の変動の大 きさには、比較的影響を受けにくいと説明した。

売上高は9億7300万ユーロと、同10億7000万ユーロから減少。アナリス ト予想の9億2370万ユーロは上回った。ASMLが販売する全装置の販売価格 は10-12月期に、平均1550万ユーロに上昇。7-9月期は1440万ユーロだっ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE