債券相場は上昇、株価続落や5年入札通過で―10年債は1.38%まで低下

債券相場は上昇(利回りは低下)。朝方は前 日の米国市場で株安・債券高となった流れを引き継ぎ、買いが先行した。午前 の終了にかけて下げ渋っていた日経平均株価が午後に再び300円を超す下げ幅 となると、買いが膨らんだ。新発10年債利回りは2005年9月以来の低水準と なる1.38%まで低下した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。