首相:米FRBのサブプライムへの対応見極める-世界的な株安で(6)

福田康夫首相は16日夜、日本の株価の大 幅下落が続いていることに関連し、これは日本のみならず世界的な傾向だとし て、まずは米連邦準備制度理事会(FRB)のサブプライム(信用力の低い個 人向け住宅)ローン問題などへの対応を注視する考えを明らかにした。首相官 邸で記者団の質問に答えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。