英ノーザン・ロック:ゴールドマンは自立救済策の支持も-リポートで

英中堅銀行ノーザン・ロックのブライアン・ サンダーソン会長は、米証券大手ゴールドマン・サックス・グループが財務リポ ートを完成させるのを待っている状況だ。リポートは民間への売却か「自立救 済」策のどちらかを支持する内容とみられる。

サンダーソン会長は15日に記者団に対し、ゴールドマンのリポートについ て、「ジグソーパズルのピースが欠けている状態だ」と指摘。「私の接触先は政 府が民間部門での解決を望んでいると引き続き考えている」と述べた。

ノーザン・ロックではこの日、株主総会が開かれた。一方、ダーリング英財 務相が講演で、ノーザン・ロックの国有化は選択肢としつつ、民間への売却が望 ましいとの認識を示した。

株主総会では、同行が投資家の承認を得ずに500万ポンド(約10億円)以 上の新株を発行することを阻止する決議案が可決された。また現行の取締役再任 も決まった。

アンディ・カイパーズ最高経営責任者(CEO)が記者団に明らかにしたと ころでは、自力救済策では同行の規模は約3年前の水準に縮小する可能性がある。 この計画では、資産売却は必要にならないもようだという。またサンダーソン会 長は、ダーリング財務相が検討している国有化に反対する姿勢を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE