シンワAAが急反発、サブプライムで落札率低下も業績計画達成に自信

美術品のオークションを企画・運営するシ ンワアートオークションの株価が3日ぶりに大幅反発。サブプライム(信用力の 低い個人向け)ローン問題の余波を受けて落札率が低下しているものの、前週末 11日に発表された07年11月中間期業績は、12月下旬に下方修正された数字と 同じだった。会社側は通期計画の達成に自信を示していることから、業績に対す る過度な不安が後退した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。