中国人民元:ペッグ制廃止後の最高値更新-米財務次官発言に反応

中国の外国為替取引では、人民元がドルに対し 上昇し、ペッグ(連動)制廃止後の最高値を更新した。マコーミック米財務次官が 中国に対し、米中貿易不均衡の是正のために人民元の上昇を加速するよう呼び掛け たことに反応した。

マコーミック次官は14日のインタビューで、2005年7月のペッグ制廃止以降 に人民元が14%上昇したことは「一定の進展だ」と語った。

三菱東京UFJ銀行市場業務部の橋本将司調査役は、経済成長の抑制を目指し 人民元の上昇ペースはここ3カ月余りで加速したと分析。海外からの圧力に加え、 元高の加速にはおそらく中国自体も関心を持っているだろうと説明した。

ブルームバーグ・ニュースのデータによれば、人民元は上海時間午後5時半 (日本時間同6時半)現在、前日比0.13%高の1ドル=7.2421元。前日は7.2516 元だった。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト31人を対象にした中央調査 値では、人民元は年内に6.85元まで上昇すると見込まれている。先物の動きは、 人民元が向こう1年で9.4%上昇し6.6175元に達することを示している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE