米国株:反落、シティ大幅赤字と小売売上高減少で-ダウ277ドル安

米株式相場は大幅反落。米銀最大手シテ ィグループが創業以来で最大の純損失を計上したことに加え、昨年12月の小 売売上高が予想に反して減少したことが売りを誘った。原油相場の下落はエネ ルギー株の売り材料となった。

シティは5年ぶりの安値を付けた。41%の減配に加え、住宅ローン関連投 資の評価損を180億ドル(約1兆9400億円)計上したことが響いた。シェブ ロンは大幅安。アップルは新製品を発表したものの、投資家の期待にそえず、 2カ月ぶりの安値を付けた。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指数は前 日比35.30ポイント(2.5%)下げて1380.95。年明け10営業日としては 1978年以降で最悪の滑り出しとなった。ダウ工業株30種平均は同277.04 ドル(2.2%)安の12501.11ドルとなった。今年、220ドルを超える下げを 演じたのはこれで5度目。ナスダック総合指数は同60.71ポイント(2.5%) 下落の2417.59ポイント。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の騰落比率 は1対7。

メーンステイ・インベストメンツで運用に携わるビル・ナップ氏は「シテ ィグループは減配しないと言い続けてきた。しかし、この日は評価損計上とと もにそれを発表した。市場がシティの言うことを信じるには、1-3月期(第 1四半期)の決算を見極める必要がある」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE