コンテンツにスキップする

【注目株】大証、レナウン、紀文フ、カッパ、明治菓、SBI、サイゼ

16日の材料銘柄は以下の通り。

大阪証券取引所(8697):ジャスダック証券取引所(JSDAZ)は15日午前 に臨時取締役会を開き、同取引所の7割強の株式を保有する日本証券業協会が 大証に保有株を売却することに同意する方針を確認した。ジャスダックの広報 担当者が明らかにした。これにより、ジャスダックは大証傘下の新興株市場 「ヘラクレス」との統合に向けて協議に入ると見られる。

レナウン(3606):残暑が長引いたことで秋物が苦戦、2008年2月通期 の連結営業損益は24億円の赤字となる見込み。婦人衣料品の低迷を受けて、 通期売上高予想を1800億円から1755億円に2.5%引き下げたことが主因。純 損益は38億円の赤字となる見込み。不動産売却益9億円を特別利益として計 上する一方で、関係会社清算損などで約8億円の特別損失を処理する。

紀文フードケミファ(4065):健康志向飲料の多様化などで豆乳商品の市 場が縮小、07年4-12月期(第3四半期累計)の連結営業利益は前年同期比 39%減の16億円となった。据え置かれた通期計画(26億円)に対する進ちょ く率は61.2%。医薬品用途などで注文がずれたこともあり、ヒアルロン酸事 業も会社想定を下回っているという。

カッパ・クリエイト(7421):新たに6店を出店、総店舗数が301店に増 えたほか、既存店売上高が伸びたため、2007年11月中間期の連結営業利益は 前年同期比5.5倍の18億円に増大した。据え置かれた通期計画(26億円)に 対する進ちょく率は69.7%。23店と見込んでいた今期の出店数は改正建築基 準法の影響で8店程度にとどまる見通しだという。

魚喜(2683):食品表示偽装などが他社で露呈、生鮮食料品に対する消費者 の購入意欲が急速に減速し、業績予想の減額が必要になった。2008年2月通 期の連結最終損益は1億7000万円の赤字となる見通しで、前回予想の2億 1500万円の黒字から3億8500万円の悪化となる。

テクノアルファ(3089):ハイブリット車の生産拡大で同車を制御するパ ワー半導体の需要が高まり、同社が手掛ける半導体製造装置が伸びている。07 年11月通期の連結最終利益は前の期比25%増の1億7600万円に達し、会社 計画を5%上回った。08年11月期は17%増収の7%増益を計画、1株利益 (EPS)を1万6277円と見込む。同社は07年10月10日に大証ヘラクレス 市場に新規上場。

オンリー(3376):ファッション感度の高い若年層がスーツの購入を進め ているため、主力の「ザ・スーパースーツストア」業態が堅調に推移、出店効 果も働き、07年9-11月期(第1四半期)の連結営業利益は前年同期比20% 増の3億2600万円となった。据え置かれた中間期計画(4億8000万円)に対 する進ちょく率は67.9%、通期計画(10億2000万円)に対しては32.0%。

テー・オー・ダブリュー(4767):東京モーターショーなどのイベント案 件の受注が伸びたほか、入社3-4年目の社員が戦力化し、計画を上回る売り 上げが計上できるとして、07年12月中間期と08年6月通期の連結業績予想 をそれぞれ増額修正した。新しい08年6月通期の連結経常利益予想は前期比 25%増の13億円で、EPSは62円24銭と見込む。

明治製菓(2202):投資ファンドなどと協力して2005年にMBO(経営 陣による企業買収)で非公開化したポッカコーポレーションと資本業務提携す る。投資ファンドのアドバンテッジなどからポッカ株の203万1008株(発行 済み株式総数の22.12%)を1月31日に市場外で取得する計画。買収総額に ついて、明治菓側では「開示を控えている」(広報IR部の大歯恵美子氏)。

山下医科器械(3022):今期売上高見通しが7割大きい宮野医療器(兵庫 県神戸市)と共同持ち株会社を設立した上で事業を統合する。現在はそれぞれ の取締役会で基本合意書締結を承認した段階で、4月までに株式移転計画を作 成する。山下医の今期売上高見通しは332億円、宮野医は556億円。東証は同 経営統合計画では山下医側を存続会社として認められないと判断、株式移転後 に新たに設立する共同持ち株会社を新規上場審査に準じて審査する方針という。

SBIイー・トレード証券(8701):親会社で同社株の55.8%を保有す るSBIホールディングス(8473)が株式交換で完全子会社化する。8月1日 付。SBIは連結収益の取り込みを強化、グループ内で機動的な事業展開を図 る。Eトレード証の普通株式1株に対してSBIHの普通株式3.55株を割り 当てる計画で、Eトレード証は7月28日付で上場廃止となる見込み。

柿安本店(2294):07年12月の単月売上高は前年同月比12%増の53億 円。10-12月期の3カ月累計では同15%増の115億円、総菜部門や精肉部門 が好調に推移したほか、食品部門が売り上げ規模を大きくしたことが奏功した。

旭硝子(5201):欧州での板ガラスのカルテル(価格協定)に関する課徴 金の支払いなどを受けて、代表取締役などが役員報酬の一部を自主返上する。 代表取締役、取締役会議長、関係執行役員が2008年1月から3カ月にわたり、 報酬の30-10%を自主返上する。

インテージ(4326):東証は15日、同社株を東証2部市場に上場させる と公表した。上場予定日は1月22日。ジャスダック市場との重複上場とする。

サイゼリヤ(7581):100万株、10億円を上限に自己株を取得する計画だ。 発行済み株式総数の1.9%に相当。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE