NY外為:ドルは対円で2年ぶりの安値に下落-米小売販売減を嫌気

ニューヨーク外国為替市場ではドル が対円で2005年以来の安値に下げた。米商務省が発表した12月の小売 売上高がマイナスに落ち込んだことなどから、米経済がリセッション (景気後退)に向かっているとの観測が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。