ヘッジファンドへの資金流入:10-12月は前期比33%減-HFR

調査会社ヘッジファンド・リサーチ (HFR)が15日発表したリポートによると、2007年10-12月(第4 四半期)のヘッジファンドへの資金流入額は前期比33%減少した。サブ プライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン関連の損失が影響し、投 資家が新規投資を見送った。

HFRの発表資料によると、第4四半期の流入額は304億ドル(約 3兆2520億円)と、第3四半期の452億ドルを下回った。06年第4四 半期の流入額は158億ドルだった。07年通期での純流入額は1945億ド ルと、前年の1265億ドルを上回った。

07年通期のリターンは平均で10.2%となり、配当込みでのS&P 500種株価指数のリターン5.5%を上回った。06年のヘッジファンドの 平均リターンは12.9%だった。

モルガン・スタンレー(ロンドン)のアナリスト、ブルース・ハミ ルトン氏(ロンドン在勤)は「夏場の相場の乱高下を受けて、投資家は 様子を見ていた」と指摘した。

ヘッジファンド業界全体の運用資産は昨年12月31日時点で、1兆 8700億ドル。前年の1兆4300億ドルから30%増加した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE