首相:将来の消費税率上げに理解、社会保障財源で-先進国に多い(2)

福田康夫首相は15日夕、首相官邸での記 者会見で、社会保障費の財源確保策について「先進国では米国以外は消費税で やっているケースが多い。その方法がよいからやっているのではないか」と述 べ、将来的に消費税率(現行5%)の引き上げに理解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。