中国株(午前):CSI300指数,3カ月ぶり高値から反落-万科企業安い

15日午前の中国株式市場で、CSI300 指数は下落。最近の上昇は行き過ぎとの見方が強まった。同指数は前日、約3 カ月ぶりの高値に達していた。万科企業と興業銀行が安い。

国泰基金管理の運用担当者、范迪釗氏(上海在勤)は「中国株は過去1カ 月上昇しており、目先一段の値上がりが見込めない銘柄からの資金の引き揚げ を目指し、ポートフォリオの若干の調整をしている」と述べた。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCS I300指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、前日比22.60 ポイント(0.4%)安の5709.16。一時は0.4%高まで上昇していた。値下が り銘柄と値上がり銘柄の割合は約4対3。

中国最大の上場不動産会社、万科企業(000002 CH)は0.63元(2%) 安の30.60元。香港のハンセン銀行が出資する中国の興業銀行(601166 CH) は1.55元(2.5%)安の59.71元。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE