コンテンツにスキップする

【5%ルール】米キャピタルG、米ボストンC、フィデリティ投信

財務省に15日提出された大量保有報告書の 主な状況は以下の通り。

キャピタル・ガーディアン・トラスト・カンパニー:グループ全体でナカニ シ(7716)株式の保有比率を16.11%から18.33%に増やした。

ボストン・カンパニー・アセット・マネジメント・エルエルシー:グループ 全体でローム(6963)株式の保有比率を6.13%から4.93%に減らした。

アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー:グループ全体でアルプス電気 (6770)株式の保有比率を13.64%から12.63%に減らした。

フィデリティ投信:グループ全体で任天堂(7974)株式の保有比率を

10.28%から9.23%に減らした。

イチヤ:技研興業(9764)株式の保有比率を5.11%から6.66%に増やした。

イー・アクセス:アッカ・ネットワークス(3764)株式の保有比率を

11.39%から12.68%に増やした。

チノー(6850)は自社株保有比率を8.03%から9.04%に増やした。

マースエンジニアリング(6419)は自社株保有比率を14.71%から15.79% に増やした。

青山商事(8219)は自社株保有比率を5.00%にした。

オメガプロジェクト・ホールディングス:ユニオンホールディングス (7736)株式の保有比率を18.72%から17.38%に減らした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE