日新製鋼: 1-2月のステンレス鋼板は小幅値下げ、受注抑制継続へ

日新製鋼は15日、1-2月契約分のニッケ ル系ステンレス薄鋼板の一般流通(店売り)価格を昨年11-12月に比べトン当 たり5000円(0.9%)安くすると発表した。主原料ニッケル価格の下落により 9月以降3回連続で値下げした。ただ海上運賃や鉄鋼石、原油など他の原材料 価格が上昇傾向にあるため、2月以降に値上げを検討するとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。