ウォール街:評価損3.8兆円が業績の重し、今年も苦戦か-今週決算

シティグループとバンク・オブ・アメリカ (BOA)、メリルリンチの米大手金融機関3社が今週発表する2007年10-12 月決算は、各社の創業以来で最悪の四半期決算となりそうだ。同四半期は3社 を合わせ約350億ドル(約3兆8100億円)の評価損が予想される。資本基盤の 悪化や米景気減速で、業績低迷は今年末まで続く恐れがある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。