フランク米下院金融委員長:民主党,景気刺激策発表へ-1000億ドル規模

米下院金融委員会のバーニー・フランク 委員長(民主、マサチューセッツ州)は14日、ボストンでブルームバーグ・ ニュースとのテレビインタビューに答え、民主党が1000億ドル(約10兆 8000億円)規模の景気刺激策を発表することを明らかにした。サブプライム (信用力の低い個人向け)住宅ローン危機を踏まえ、減税を提案し、個人消費 のてこ入れを目指す。

フランク委員長は「やらなければならないことは当然、国内経済に緊急 に資金を注入することだ」と語った。

同委員長は景気刺激策について、中流階級や労働者階級を含め「幾分か 厳しい局面に立たされている層」を対象にした減税が盛り込まれると説明した。 また、失業給付金の支払い期間延長と増額などの提案も含まれるという。

米主要金融会社が同国経済はリセッション(景気後退)に向かいつつあ る可能性を指摘するなか、ブッシュ米大統領と議会で多数派を占める民主党は 景気刺激策の検討を進めている。米労働省が今月発表した昨年12月の失業率 は5%と、11月の4.7%から悪化した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE